コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古人類 こじんるい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古人類
こじんるい

現生人類以外の過去の時代の人類。定義のはっきりした言葉ではないが,旧人類と原人をさすことも多い。 (→化石人類 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の古人類の言及

【人類】より

…ヒト科には現生種としてヒト1種が含まれるにすぎない。すでに死滅したヒト科の成員をも併せて広義に人類と呼び,また現存する人類以外を一括して古人類と呼ぶこともある。現在,地球上に生息する人類を,形態学的な差異あるいは遺伝学的特性に基づいていくつかのグループに分けて人種と呼ぶが,人種の起源や人種間の系統的類縁については明らかにされていない点が多い。…

※「古人類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古人類の関連キーワードブール(Pierre Marcelin Boule、人類学者)ドナルド・C. ジョハンソンルイス・S.B. リーキーピエール・M. ブールサンギラン初期人類遺跡ンゴロンゴロ保全地域ケーニヒスワルト日本人(人類学)李済(りせい)トゥルカナ遺跡ジョハンソントゥルカナ湖オモ川下流域自然人類学雲南(省)旧石器時代分子人類学ハウエルズリーキー丁村遺跡

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古人類の関連情報