コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今亭三鳥 ここんてい さんちょう

2件 の用語解説(古今亭三鳥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古今亭三鳥 ここんてい-さんちょう

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
江戸浅草の薬種仲買商。式亭三馬(さんば)にまなび,文化3年(1806)楽亭馬笑らと「江戸嬉笑(きしょう)」を共作,文政年間まで合巻作者として活躍した。通称は三河屋吉兵衛。作品はほかに「玉藻前雲井檜扇(ひおうぎ)」「四季物語郭寄生(さとのやどりぎ)」など。

古今亭三鳥 こきんてい-さんちょう

ここんてい-さんちょう

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古今亭三鳥の関連キーワード戯作者赤城山人華街桜山人鶴鳴堂主人紀尾佐丸桜鯛助立川銀馬瓢亭百成三熊野文丸和祥

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone