コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今亭三鳥 ここんてい さんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古今亭三鳥 ここんてい-さんちょう

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
江戸浅草の薬種仲買商。式亭三馬(さんば)にまなび,文化3年(1806)楽亭馬笑らと「江戸嬉笑(きしょう)」を共作,文政年間まで合巻作者として活躍した。通称は三河屋吉兵衛。作品はほかに「玉藻前雲井檜扇(ひおうぎ)」「四季物語郭寄生(さとのやどりぎ)」など。

古今亭三鳥 こきんてい-さんちょう

ここんてい-さんちょう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古今亭三鳥の関連キーワード戯作

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android