コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式亭三馬 しきてい さんば

美術人名辞典の解説

式亭三馬

江戸後期の戯作者江戸生。本名は菊地久徳。又は太輔。別号は本町庵・四季山人等。通称は西宮太助。父・茂兵衛は板木師。早くから書肆に奉公、自身も古本屋を営む。黄表紙に始まり敵討物等を手がけ、合巻形式流行の端緒をつくる。本領は滑稽本『浮世風呂』浮世床』の代表作がある。文政5年(1822)歿、48才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しきてい‐さんば【式亭三馬】

[1776~1822]江戸後期の草双紙洒落本滑稽本作者。江戸の人。本名、菊地久徳。本屋に奉公し、のち薬屋を営んだ。江戸庶民の町人気質を会話を主にして描写。滑稽本「浮世風呂」「浮世床」、合巻「雷太郎強悪物語(いかずちたろうごうあくものがたり)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

式亭三馬【しきていさんば】

江戸後期の洒落本,黄表紙,滑稽(こっけい)本,合巻作者。本名菊地久徳。別号,四季山人,遊戯道人,【た】【ら】哩楼(たらりろう)等。江戸浅草の人。書肆(しょし)に奉公して戯作の修業を積み,黄表紙を書く。
→関連項目烏亭焉馬為永春水

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

式亭三馬 しきてい-さんば

1776-1822 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
安永5年生まれ。書肆(しょし)ではたらき,のち古本屋,薬屋をいとなむ。19歳で黄表紙「天道浮世出星操(てんどううきよのでづかい)」を発表以来,合巻,滑稽(こっけい)本を中心に百数十点を発表。代表作に「侠太平記向鉢巻(きやんたいへいきむこうはちまき)」「浮世風呂」「浮世床」など。文政5年閏(うるう)1月6日死去。47歳。江戸出身。姓は菊地。名は泰輔。字(あざな)は久徳。通称は西宮太助。別号に遊戯堂,四季山人など。
【格言など】世の中は化け物は怖(こお)ないが馬鹿ものがこわいという(「浮世床」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

式亭三馬

没年:文政5.閏1.6(1822.2.27)
生年:安永5(1776)
江戸時代の黄表紙・合巻・滑稽本作者。本姓は菊地氏,名は泰輔,字は久徳,通称は西宮太助,戯号に遊戯堂,四季山人,本町庵,洒落斎,滑稽堂,戯作舎などがある。菊地家の先祖は代々八丈島の神主であったが,三馬の父茂兵衛は江戸に出,浅草田原町で板木師を職業とした。三馬は9歳から17歳まで本屋翫月堂に奉公した。寛政6(1794)年,黄表紙『天道浮世星操』『人間一心覗替繰』を出す。同11年,火消し人足同士の喧嘩を題材とした黄表紙『侠太平記向鉢巻』で筆禍にあう。寛政年中,四日市,日本橋十九文横町で古本商を営むが,文化3(1806)年の大火に罹災,同7年,本町2丁目に転宅して,戯作のかたわら売薬店を営み,「仙方延寿丹」や自家製の化粧水「江戸の水」を売り,成功を収める。その間,寛政10年,深川遊里を舞台とした洒落本『辰巳婦言』,昔話の「鉢かづき姫」を筋とし赤本から黄表紙にいたる草双紙界の変遷を趣向とした黄表紙『稗史億説年代記』(1803)を刊行している。また文化3年の『雷太郎強悪物語』については合巻仕立ての祖と自称している。同6年には銭湯での庶民の会話を如実に描写した滑稽本の代表作『浮世風呂』,続いて『浮世床』(1813,4)が刊行された。三馬没後,その戯作と売薬店は子の式亭小三馬が引き継いだ。風来山人平賀源内とその弟子森島中良(桂川甫〓)の文章を慕った。<参考文献>本田康雄『式亭三馬の研究』

(園田豊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

江戸・東京人物辞典の解説

式亭三馬

1776〜1822(安永5年〜文政5年)【滑稽本作家】江戸弁の会話を巧みに取り入れた「浮世風呂」「浮世床」で、庶民生活を活写。 江戸後期の草双子・滑稽本作家。浅草で版木師の家に生まれる。はじめ書店、のち薬屋を営みながら著作に従事。滑稽本『浮世風呂』『浮世床』では、庶民の社交場である湯屋と髪結床での会話を江戸弁で活写した。草双子を数冊とじた合巻ものの人気を高めた端緒を開いたことでも知られる。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきていさんば【式亭三馬】

1776‐1822(安永5‐文政5)
江戸後期の洒落本・滑稽本・黄表紙・合巻作者。姓は菊地,名は久徳,または太(泰)輔,通称は西宮太助。別号は本町庵(ほんちようあん),四季山人,哆囉哩楼(たらりろう)主人など。江戸浅草田原町に生まれた。父茂兵衛は八丈小島の為朝明神の祠官菊地壱岐守の庶子というが,板木師であった。幼くして戯作を好み,書肆堀野屋に奉公し,またおなじく万屋(よろずや)に聟入りしたこともあり,戯作の修業を積んだ。のち旧主堀野屋の妹と結婚して虎之助(式亭小三馬)をもうけ,日本橋本町に化粧品・売薬店を経営して化粧水〈江戸の水〉,売薬〈仙方延寿丹〉などを売り出して成功するなど,商才もあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しきていさんば【式亭三馬】

1776~1822) 江戸後期の戯作者げさくしや。本名、菊地久徳。別号、遊戯堂・四季山人など。江戸の人。版木師の子。書肆しよしに奉公し、のち薬商を営む。黄表紙・洒落本・草双紙・滑稽本などを多く著す。特に、江戸市井のさまざまな人を、会話を主に皮肉をまじえて活写した滑稽本で有名。その作「雷太郎いかずちたろう強悪物語」は合巻の嚆矢こうしとされる。著「浮世風呂」「浮世床」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

式亭三馬
しきていさんば

[生]安永5(1776).江戸
[没]文政5(1822).閏1.6. 江戸
江戸時代後期の戯作者。本名,菊地久徳。号,四季山人,遊戯道人,たら哩楼 (たらりろう) ,本町庵など。少年時から書店に奉公して戯作とかかわり,寛政6 (1794) 年黄表紙『天道浮世出星操 (てんどううきよのでずかい) 』などで文壇に登場。同 11年『侠太平記向鉢巻 (きゃんたいへいきむこうはちまき) 』が江戸火消し人足のけんかをモデルとしたことから筆禍事件を起し,50日の手鎖に処せられた。文化3 (1806) 年刊『雷太郎強悪 (いかずちたろうごうあく) 物語』は合巻 (ごうかん) の嚆矢とされる。同6年の滑稽本『浮世風呂』は精細な写実によるおかしみで人気を博し,同趣向の『浮世床』と並んで三馬の代表作となった。江戸,本町2丁目に化粧品店を営む一方,黄表紙,洒落本,滑稽本など数多くの作品を刊行。ほかに洒落本『辰巳婦言 (たつみふげん) 』,滑稽本『親讐胯膏薬 (おやのかたきうちまたこうやく) 』 (05) ,『酩酊気質 (なまえいかたぎ) 』 (06) などの作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

式亭三馬
しきていさんば
(1776―1822)

江戸後期の洒落本(しゃれぼん)・滑稽本(こっけいぼん)・黄表紙(きびょうし)・合巻(ごうかん)作者。本名菊地久徳、また太輔(泰輔)(たいすけ)。通称西宮太助(にしのみやたすけ)。別号本町庵(ほんちょうあん)、四季山人(しきさんじん)哩楼(たらりろう)など。江戸・浅草田原町に生まれた。父の茂兵衛は板木(はんぎ)師で、八丈小島為朝(ためとも)大明神の祠官(しかん)菊地壱岐守(いきのかみ)の庶腹という。早く書肆(しょし)に奉公して戯作(げさく)に親しみ、若くして戯作者となった。淡泊な性格で、市井(しせい)の江戸人らしく、酒好きでけんか早く、かんしゃくもちであったと伝えられるが、商才もあり、日本橋本町に売薬・化粧品の店を経営して、自身創案の化粧水「江戸の水」や歯みがき粉を売り出して成功している。一子虎之助(とらのすけ)も式亭小三馬と称して、戯作者であった。
 処女作は19歳で発表した黄表紙『天道浮世出星操(てんとううきよのでづかい)』(1794)であり、以後江戸戯作の正統を自認して、寛政(かんせい)の改革以前の、軽妙な機知と洒落を生命とした黄表紙の作風を継承しているが、時流には勝てず、流行の敵討物(かたきうちもの)『雷太郎強悪物語(いかずちたろうごうあくものがたり)』(1806)を発表し、合巻形式流行のきっかけをつくった。洒落本も執筆し、『辰巳婦言(たつみふげん)』(1798)その他は、流行の客と遊女の真情を描く作風に従いながら、細密な写生に特色をみせている。ほかに読本(よみほん)の作もあるが、本領は滑稽本であった。1806年(文化3)刊の『戯場粋言幕之外(げじょうすいげんまくのそと)』『酩酊気質(なまえいかたぎ)』を最初として、『浮世風呂(うきよぶろ)』『浮世床(うきよどこ)』の代表作のほか、『早替胸機関(はやがわりむねのからくり)』(1810)、『客者評判記(きゃくしゃひょうばんき)』(1811)、『四十八癖(しじゅうはちくせ)』(1812)、『一盃綺言(いっぱいきげん)』(1813)、『人間万事虚誕計(にんげんばんじうそばっかり)』(1813)、『古今百馬鹿(ここんひゃくばか)』(1814)などがある。それらは当時流行の江戸落語と技法的につながるものが多く、いずれも日常生活の人間の性癖、心の表裏を、ことばつきや動作まで彷彿(ほうふつ)させるような徹底した写生で、会話を主とした文章で描き、皮肉な笑いをたたえている。十返舎一九(じっぺんしゃいっく)の『道中膝栗毛(どうちゅうひざくりげ)』(初編、1803)のように、特殊な人物を創造しての、つくられた笑いでなく、一般社会の人々の日常生活を精細に描くことから浮かび上がる微苦笑が、三馬の滑稽本の笑いであった。[神保五彌]
『「三馬の芸術」(『潁原退蔵著作集17』所収・1980・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の式亭三馬の言及

【仇∥婀娜】より

…江戸末期の美意識。浮気やいろっぽさを意味する〈仇〉に女性の姿態のしなやかさやたおやかさを表す漢語の〈婀娜〉を当てたのは,式亭三馬を嚆矢(こうし)とするが,この語はやがて為永春水の人情本で江戸下町の女性のやや頽(くず)れた官能美を表現する言葉として盛んに用いられる。〈いき〉の美学を支える〈意気地〉と〈張(はり)〉が弛緩しはじめたときに,〈あだ〉の美感があふれだすのである。…

【雷太郎強悪物語】より

…10冊。式亭三馬作,歌川豊国画。1806年(文化3)刊。…

【浮世絵類考】より

…浮世絵研究の基礎的な文献として価値が高い。1790年(寛政2)ころ大田南畝が原撰し,1800年笹屋邦教が〈始系〉を付記,さらに02年(享和2)山東京伝が〈追考〉を加え,文政年間(1818‐30)式亭三馬が増補した。以上をもとに,33年(天保4)渓斎英泉が《無名翁随筆》(別名《続浮世絵類考》),44年(弘化1)斎藤月岑が《増補浮世絵類考》,68年(明治1)竜田舎秋錦が《新増補浮世絵類考》を,それぞれ書きついでいる。…

【浮世床】より

…滑稽本。式亭三馬作。歌川国直画。…

【浮世風呂】より

…4編9冊。式亭三馬作。北川美丸(よしまる)・歌川国直画。…

【客者評判記】より

…滑稽本。式亭三馬作,歌川国貞画。1811年(文化8)正月刊。…

【稗史億説年代記】より

…3冊。式亭三馬画作。1802年(享和2)刊。…

【滑稽本】より

…以後この種の作品が続いて出るが,封建社会の矛盾を暴露した風来山人作の《風流志道軒伝》(1763)以後は,洒落本や黄表紙に押されていく。だが,91年(寛政3)の洒落本弾圧もあって,滑稽本は文化・文政(1804‐30)のころ全盛期を迎え,《東海道中膝栗毛》の十返舎一九,《浮世風呂》の式亭三馬,《花暦八笑人》の滝亭鯉丈(りゆうていりじよう)らが活躍する。道中記の形式で主人公の滑稽な行動を描く《膝栗毛》,舞台を固定し,雑多な登場人物の行動を克明に描く《浮世風呂》,両者を折衷した形の《八笑人》と,3人の作風はそれぞれ特徴をもつが,後続の作者,《七偏人(しちへんじん)》の梅亭金鵞(ばいていきんが),《西洋道中膝栗毛》(初編1870),《安愚楽鍋(あぐらなべ)》(初編1871)の仮名垣魯文(かながきろぶん)などは3人の亜流で,新しい発展は見られない。…

【戯場訓蒙図彙】より

…歌舞伎解説書。式亭三馬著。勝川春英,初世歌川豊国画。…

※「式亭三馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

式亭三馬の関連キーワード鶴賀鶴吉(初代)文化文政時代初代為永春水戯場訓蒙図彙十返舎一九客者評判記浮世絵類考古今亭三鳥花暦八笑人古今百馬鹿徳亭三孝楽亭西馬山田検校石井夏海樹下石上鈴木牧之草双紙物滝亭鯉丈江戸文学安愚楽鍋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

式亭三馬の関連情報