コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代語 こだいご

大辞林 第三版の解説

こだいご【古代語】

日本語の歴史を大きく二分した場合に、近代語に対して、中世以前の時代の言語をいう。
上代の言語、あるいは上代から中古に至る時代の言語をいうことがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古代語の関連キーワードトマスによるイエスの幼時物語セプトゥアギンタアフロアジア語族サンスクリットイタラ訳聖書グレヴィウスデュ・ベレーヘブライ語移る・遷る宮本百合子福田 良輔服部四郎小町伝説小倉進平雅言集覧カナン語中国語琉球語前置詞日本語

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古代語の関連情報