コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋新吉 たかはししんきち

6件 の用語解説(高橋新吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高橋新吉
たかはししんきち

[生]1901.1.28. 愛媛,伊方
[没]1987.6.5. 東京
詩人。八幡浜商業学校中退。上京して放浪に近い日々を過し,既成の権威,道徳,芸術を否定する T.ツァラダダイスム宣言に触発されながら,『ダダ詩三ツ』 (1922) および詩集『ダダイスト新吉の詩』 (23) を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかはし‐しんきち【高橋新吉】

[1901~1987]詩人。愛媛の生まれ。「ダダイスト新吉の詩」によって、日本のダダイスムの創唱者となり、現代詩の先駆をなした。詩集「胴体」、小説「ダダ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高橋新吉【たかはししんきち】

大正・昭和期の詩人。愛媛県生れ。八幡浜商業学校中退。ダダイズムの影響を受け,《ダダイスト新吉の詩》(1923年。辻潤編纂(へんさん))により日本のダダイズムの先駆者となり,仏教的世界観を融合した独自の世界を展開した。
→関連項目ダダ中原中也

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たかはししんきち【高橋新吉】

1901‐87(明治34‐昭和62)
大正・昭和期の詩人。小説,美術評論,仏教研究の著述も多い。愛媛県の生れ。八幡浜商業中退。福士幸次郎の詩集《展望》を読み,詩作への関心を深めた。1920年《万朝報》紙上のダダイズム紹介の記事に衝撃を受け,23年《ダダイスト新吉の詩》を刊行,日本におけるダダイズムの先駆者となった。僧侶になろうとした経歴を持つが,そのダダイズムも,仏教的世界観を根底とした独自のものといえる。《歴程》《日本未来派》の同人として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たかはししんきち【高橋新吉】

1901~1987) 詩人。愛媛県生まれ。一切の権威を否定する「ダダイスト新吉の詩」によって前衛的な詩壇の旗手となる。著、詩集「胴体」「鯛」、小説「狂人」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋新吉
たかはししんきち
(1901―1987)

詩人。愛媛県に生まれる。八幡浜(やわたはま)商業学校を卒業目前に中退。初め福士幸次郎の影響を受けたが、のちに『萬朝報(よろずちょうほう)』紙上に紹介されたダダイズム宣言に深い感銘を受け、1923年(大正12)辻(つじ)潤の編集になる詩集『ダダイスト新吉の詩』を刊行、詩壇に強い衝撃を与えた。その後詩集には『新吉詩抄』(1936)、『霧島』(1942)、『胴体』(1956)ほかがあるが、しだいに仏教的、東洋的観念の深いものとなっていった。ほかに小説『ダダ』(1924)、『狂人』(1936)、『ダガバジジンギヂ物語』(1965)、美術論集『すずめ』1~10(1961~70)や、『参禅随筆』(1958)など仏教関係の著作も多い。『高橋新吉全詩集』(1972)によって芸術選奨を受賞した。[大塚 博]
『『高橋新吉全集』全四巻(1982・青土社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高橋新吉の言及

【中原中也】より

…山口中学在学中,友人と共著で歌集《末黒野(すぐろの)》(1922)を刊行して才能を示したが,学業成績不良のため落第,1923年京都の立命館中学に転じた。高橋新吉の影響を受けてダダイスト風の詩を試作し,また富永太郎との交遊を通じてフランス詩にも目を開かれている。25年愛人長谷川泰子とともに上京,小林秀雄を知ったが,泰子が小林と同棲するという事件が起こり,深い傷を受けた。…

※「高橋新吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高橋新吉の関連キーワード田口掬汀中村渓男シットウェル岡田隆彦木村毅漂泊者のアリア遠地輝武関如来宗左近林文雄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高橋新吉の関連情報