古例(読み)これい

精選版 日本国語大辞典「古例」の解説

こ‐れい【古例】

〘名〙 古くから行なわれてきた慣習。また、記録などに残された先例
※続日本紀‐宝亀八年(777)正月癸酉「渤海入朝使、自今以後、冝大宰府

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android