先例(読み)センレイ

デジタル大辞泉の解説

せん‐れい【先例】

以前にあった同類の例。また、これまでのしきたり。前例。「先例に従う」
これからの基準になる初めての例。前例。「先例となる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんれい【先例】

一般に前近代社会では,人々のあらゆる行為の規範として先例が重視され,それを逸脱した行為に対して法的・社会的制裁が存在した。とくに法や制度と社会の現実との乖離(かいり)が増大した中世では,先例のもつ意味は大きく,史料には〈先例に任せて〉の文字が充満し,多くの故実書がつくられた。たしかに一つの事実が先例として主張されればそれを無視することはできない。しかし忘れてならないのは,ある行為の規範となるべき先例は,多くの場合個人的な探索によって発見されるもので,別の探索ではこれと矛盾する先例が発見される可能性が大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐れい【先例】

〘名〙
① まえにあった例。以前にあった同じような例。前例。
※古今著聞集(1254)二〇「此の如きの興遊に、左右勝負舞を奏する事先例あり」 〔梁書‐袁昂伝〕
② 以前からの慣例。以前からの例式。まえからのしきたり。前例。
※続日本紀‐天平元年(729)一一月丁未「太政官処分、〈略〉及武官解任者、先例並属式部
※浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)一「自今興福寺の太鞁に極め、先例(センレイ)の通り、置所は東大寺にあづけ」
③ 将来の同種の事象の基準となる例。前例。
※ニッポン日記(1951)〈井本威夫訳〉一九四六年三月二六日「仕方がありませんからこれにお乗り下さって結構です。ただこれを、先例になさらぬように願います」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報