古川 龍生(読み)フルカワ リュウセイ

20世紀日本人名事典「古川 龍生」の解説

古川 龍生
フルカワ リュウセイ

昭和期の版画家



生年
明治26(1893)年6月10日

没年
昭和43(1968)年5月23日

出生地
栃木県下都賀

本名
龍夫

学歴〔年〕
東京美術学校日本画科〔大正13年〕

経歴
大正13年第6回日本創作版画協会展に独習による木版画が入選、昭和9年パリで開かれた現代日本版画展で「昆虫戯画巻」がルーブル美術館購入となった。12〜25年病気で帰郷。28年上京、「街」「海辺」などの連作を国内外の美術展に出品

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android