独習(読み)ドクシュウ

  • どくしゅう ‥シフ
  • どくしゅう〔シフ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)先生につかず、自分ひとりで学習すること。独学。「ギターを独習する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 師につかないで、自分ひとりで習い学ぶこと。独修。独学。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「手風琴、紙腔琴は軽便なるが上に、特に師に就かざるも独習し得べく」 〔宋書‐臧燾伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独習の関連情報