独習(読み)どくしゅう

精選版 日本国語大辞典「独習」の解説

どく‐しゅう ‥シフ【独習】

〘名〙 につかないで、自分ひとりで習い学ぶこと。独修独学
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「手風琴、紙腔琴は軽便なるが上に、特に師に就かざるも独習し得べく」 〔宋書‐臧燾伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android