古波蔵 保好(読み)コバクラ ヤスヨシ

20世紀日本人名事典の解説

古波蔵 保好
コバクラ ヤスヨシ

昭和期の評論家,エッセイスト 元・毎日新聞論説委員。



生年
明治43(1910)年3月23日

没年
平成13(2001)年8月30日

出生地
沖縄県首里市(現・那覇市)

学歴〔年〕
東京外国語学校(現・東京外国語大学)印度語科〔昭和5年〕中退

主な受賞名〔年〕
日本エッセイストクラブ賞(第29回)〔昭和56年〕「沖縄物語

経歴
昭和6年沖縄日日新聞社(現・沖縄日報)入社。16年毎日新聞社に入り、報道班員として台湾に。21年引き揚げ、「毎日グラフ」を経て、論説委員。39年フリーとなり、映画、ファッション、食味と幅広い評論活動を行った。著書に「ステーキの焼加減」「非常識夫婦論」「沖縄物語」、編著に「アミコの目」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

古波蔵 保好 (こばくら やすよし)

生年月日:1910年3月23日
昭和時代の新聞記者;評論家
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android