コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古生物地理学 こせいぶつちりがく paleobiogeography

1件 の用語解説(古生物地理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古生物地理学
こせいぶつちりがく
paleobiogeography

現生生物を対象とする生物地理学に対し,過去の生物の地理的分布を明らかにする学問。生物地理学が現在という短い時間の生物相を対象としているのに対し,古生物地理学は地質学的なある長い時間における生物相を対象としている点が異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古生物地理学の言及

【古生物学】より

…斉一説の観点に立って古生物の生態や化石化過程の解明のため,現生生物の観察や実験的研究を行うのが現在古生物学(または考現古生物学)である。古生物の地理的分布やその変遷は古生物地理学で扱う。古生物の残した有機物の化石の生化学的研究は古生化学で行われ,地球における生命発生以来の生物進化が分子レベルで追究される。…

【古地理】より

…例えば古動物地理,古海流分布,古気候といった具合である。 古生物地理学は,地質時代の動植物の分布(具体的には目的とする時代の地層から得られる化石の分布)を基にして,その地域性provincialityを図上で表現しようとするものである。地域性の特徴づけには,共通種属の分布範囲,地域独特の種属endemic taxonの有無と特殊性などに注目する。…

※「古生物地理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古生物地理学の関連キーワード生物地理学動物地理学ネクトンベントス微生物学アイヒラーの法則地誌学生物地理区現生生物《島の生物地理学説》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone