コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古鉄 フルガネ

デジタル大辞泉の解説

ふる‐がね【古鉄】

《「ふるかね」とも》金属製品、特に銅・鉄製品の、使い古したものやこわれたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるがね【古鉄】

〔「ふるかね」とも〕
使いふるした金属製品。また、その破片など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古鉄の言及

【虎徹】より

…大坂の井上真改,津田越前守助広らとともに江戸時代を代表する刀工。長曾禰興里(おきさと)と名のり,入道して古鉄,虎徹と称した。とくに切れ味の鋭いことでは全刀工中第一といわれ,《新刃銘尽》《古今鍛冶備考》をはじめとする江戸時代の刀剣書に高く評価されている。…

※「古鉄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古鉄の関連キーワードくず屋(屑屋)仮名文章娘節用取っ替へべえ四府駕輿丁座取っ替えべい長曽禰虎徹廃品回収業採撰亭直古十組問屋古鉄買い金明竹強請破片虎徹下金

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android