コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古鉄(読み)フルガネ

デジタル大辞泉の解説

ふる‐がね【古鉄】

《「ふるかね」とも》金属製品、特に銅・鉄製品の、使い古したものやこわれたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるがね【古鉄】

〔「ふるかね」とも〕
使いふるした金属製品。また、その破片など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古鉄の言及

【虎徹】より

…大坂の井上真改,津田越前守助広らとともに江戸時代を代表する刀工。長曾禰興里(おきさと)と名のり,入道して古鉄,虎徹と称した。とくに切れ味の鋭いことでは全刀工中第一といわれ,《新刃銘尽》《古今鍛冶備考》をはじめとする江戸時代の刀剣書に高く評価されている。…

※「古鉄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android