コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本福寺跡書 ほんぷくじあとがき

1件 の用語解説(本福寺跡書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほんぷくじあとがき【本福寺跡書】

16世紀前半,近江堅田の本福寺の住持であった明誓(みようぜい)の記した記録物。同寺には天文年間(1532‐55)に相ついで書かれた4種の記録がある。5世明宗の《本福寺明宗跡書》,6世明誓の《本福寺由来記》《本福寺門徒記》と,この跡書である。跡書は,日記・由来記をもとに加筆・補充してつくられた。同書には,15世紀初頭以来の本福寺とその門徒団の形成過程,本願寺に対する貢献と一向一揆での活躍,一門衆の圧迫による本福寺自体の没落が記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本福寺跡書の関連キーワード角上瞬匕亭角上黄檗山院代伊山祖安平田慈均彭叔守仙三上角上三上千那三上千羅

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone