コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叩き石 タタキイシ

デジタル大辞泉の解説

たたき‐いし【×叩き石】

手に直接にぎって槌(つち)(ハンマー)として使った石器の総称。
わらをたたいて柔らかくするための台石

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

防府市歴史用語集の解説

叩き石

 こぶしくらいの丸い河原石を使って、ものをたたいたり、すりつぶすのに使ったものです。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

たたきいし【叩き石】

ものをたたいたり、すりつぶすのに用いた、丸いまたは扁平な石器。
わらをたたいて柔らかくするのに用いる台石。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の叩き石の言及

【臼】より

…そのため,広義には臼はものを砕いたり,磨りつぶしたり,まぜたりする道具一般を指し,きわめて多岐にわたっている。石器時代において,搗き砕く目的につかう叩き石pounder(crusher)と,磨りつぶす目的につかう磨り石rubber(grinder)とは,すでにある程度の分化を示しているが,使い方により,どちらにも共用できるものもあり,その区別はつきにくい。これらの道具がしだいに大型化あるいは効率化してゆく過程で,さまざまの形態の臼に属する道具が発達し,その機能も専用化されてきた。…

※「叩き石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

叩き石の関連キーワードハンマー石器総称

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android