石器時代(読み)せっきじだい(英語表記)Stone Age

翻訳|Stone Age

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石器時代
せっきじだい
Stone Age

デンマークの C.トムセンによって提唱された三時期法の一つ。人類の道具の発達は,その材料のうえからみると,石器時代,青銅器時代鉄器時代の3時代を経過したが,その最も古い時期にあたる。しかし,地域によっては,石器時代の終末期はそれぞれ異なっている。これらの石器時代は通常,旧石器時代中石器時代新石器時代に区分されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

石器時代【せっきじだい】

デンマークの考古学者トムセンによって主唱された考古学上の時代区分の一つ。鉄器時代,青銅器時代に先立つ最古の段階で,石器を主要な道具として使用していた文化段階を示す。一般に旧石器時代中石器時代新石器時代の3期に分けられる。→三時代区分法
→関連項目石斧

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっきじだい【石器時代 Stone Age】

考古学の時代区分。デンマークの王立古文献協会が1836年に刊行した《北欧古代学入門》で,トムセンが人類文化を石器時代,青銅器時代,鉄器時代の3時代に区分し,この順の発達を説いたことに基づく。トムセンの定義によると石器時代は,〈武器と道具が,石や木,骨などで作られ,金属はほとんど使われていないか,あるいは全然使われていない時代〉である。のち,イギリスのJ.ラボックは,石器時代を旧石器時代と新石器時代とに分け(1865),またイギリスのH.M.ウェストロップが両者間に中石器時代の存在を提唱した(1872)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せっきじだい【石器時代】

考古学上の時代区分の一。石器を主要な利器として用いた時代。旧石器時代と新石器時代に分け、両者の間に中石器時代をおくこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石器時代
せっきじだい

デンマークのトムセンが提唱した三時代法による時代の一つ。利器の材料にもっぱら石が使用され、まだ銅、青銅、鉄が利器の材料に用いられぬ時代をいう(英語ではstone age、ドイツ語ではSteinzeit、デンマーク語ではstenalder)。より厳密には、人間がまだ冶金(やきん)術を知らなかった時代と規定すべきである。冶金術が知られていないから、利器その他の器具はおもに石でつくられはしたが、ある種の事情の下でそれらが木材でつくられても、あるいは骨角でつくられても、石器時代であることには変わりはない。
 人間の歴史の大部分は石器時代に該当し、ほとんど200万年にわたっている。考古学者は、石器がもっぱら打剥(だはく)法によってつくられ、磨製法が知られていない時代を旧石器時代、石器の製作に磨製法、喙敲(かいこう)法が知られた時代を新石器時代とよび、またその中間の過渡的時代を中石器時代と称することもある。ニューギニアやアンダマン島などには、いまなお石器時代に停滞する人々もいるが、旧大陸では紀元前3000年ころから石器時代は終わりを告げ始めている。またコロンブス以前のアメリカの原住民も、アンデス地帯や中米の一部を除いては、石器時代に停滞していた。
 石器時代というのは、冶金術の有無に基づいた技術史的な時代区分による時代である。したがって生業の形態とは直接関係はないが、石器時代の大部分を通じて人間は狩猟採集という獲得経済に生きていた。農耕、牧畜を生業としたのは先進地域における一部の新石器時代人であった。[角田文衛]
『角田文衛著『古代学序説』(1972・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せっき‐じだい セキキ‥【石器時代】

〘名〙 考古学上の時代区分の一つ。利器として石器を使用した時代をさし、ふつう旧石器・中石器・新石器の三時代に分ける。日本では、縄文時代がほぼ新石器時代に当たるので、その前である先土器時代を旧石器時代とする考えが一般的である。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の石器時代の言及

【石器】より

…人類がこのような体験をもったのは200万年をさかのぼる過去のことであったと考えられている。 石器をおもに利器として活用した時代を石器時代と呼び,旧石器時代新石器時代に分ける。日本の場合,新石器時代に当たる時代は縄文時代および弥生時代である。…

※「石器時代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石器時代の関連情報