叩売(読み)たたきうり

精選版 日本国語大辞典の解説

たたき‐うり【叩売】

〘名〙
① 大道商人などが、品物を載せた台などをたたいて威勢をつけ、段々に値引いていきながら売ること。また、それをする人。
※明治世相百話(1936)〈山本笑月〉縁日に見た下町情調「バナナのたたき売、メリヤスの投売などの跋扈時代となり」
② 大安売り。投げ売り。
※がらくた博物館(1975)〈大庭みな子〉すぐりの島「きみには高すぎて払えないよ。ぼくは、叩き売りをしない方針なんでね」

たたき‐う・る【叩売】

〘他ラ五(四)〙 惜しげもなく安売りする。投げ売りする。また、売ることを強めていう語。
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉一七「ここの家を二百両にでも三百両にでもたたき売て仕舞て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる