只松 祐治(読み)タダマツ ユウジ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

只松 祐治
タダマツ ユウジ


肩書
社民党埼玉県連合常任顧問,元・衆院議員(社会党)

生年月日
大正9年6月28日

出身地
福岡県久山町

学歴
中央大学法学部中退

経歴
大学在学中に海軍飛行予備学生として学徒動員。戦後、日本社会党の再建に尽力。埼玉県民会議事務局長、日中友好協会理事、軍事基地反対連絡会議代表委員、社会主義協会幹事、党選挙対策、全国LPガス協会顧問等を経て、昭和38年埼玉県より衆院議員に初当選、54年までの間に通算3期を務めた。日本税政連顧問、党財政金融委員会副委員長、党埼玉県本部委員長等を歴任。のち社民党埼玉県連合常任顧問。著書に「『欲望社会』への訣別」がある。

趣味
囲碁 盆裁

没年月日
平成12年4月2日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android