コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学徒動員 がくとどういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学徒動員
がくとどういん

第2次世界大戦中に中等学校以上の生徒や学生が軍需産業や食糧増産に動員されたことをいう。 1938年から文部省は中等学校以上の学校に対して集団的勤労作業の実施を指令し,41年には学校報国隊を組織して勤労動員が行われた。 43年に「学徒戦時動員体制確立要綱」が閣議で決定され,以後本格的に学徒動員が実施された。 44年には動員はさらに強化され,原則として「通年動員」の態勢となり,同年8月には「学徒勤労令」が公布された。 45年の春には国民学校初等科以外の授業は原則として停止され,全学徒は決戦体制に総動員された。同年5月「戦時教育令」により教育の決戦体制を法制化して終戦にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がくと‐どういん〔‐ドウヰン〕【学徒動員】

日中戦争以後、国内の労働力不足を補うために学生・生徒を工場などで強制的に労働させたこと。昭和13年(1938)年間数日の勤労奉仕が実施されて以来、戦況の悪化につれて動員体制が強化され、昭和19年(1944)には通年動員となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がくとどういん【学徒動員】

1938年(昭和13)頃から生産力増強の目的で、中学校以上の学生に強制した勤労動員。44年には学業は事実上停止され、在籍のまま軍需工場などへ動員された。学徒勤労動員。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学徒動員
がくとどういん

日中戦争の拡大に伴う農村・工場などの労働力不足を補うための学生・生徒の強制的動員。1938年(昭和13)6月、文部省の「集団的勤労作業運動実施ニ関スル件」の通牒(つうちょう)により、中等学校以上で夏季休暇の前後などに3~5日の勤労作業が始められた。ナチス・ドイツの「労働奉仕」に倣い、かつ精神主義的教育とを結合させたものである。41年8月、文部省は「学校報国団ノ体制確立方」の訓令を発し、学校ごとに学校報国隊(団)を組織し、軍事的要請に従って学徒を労務に動員しうる体制をつくった。
 1943年6月、閣議は「学徒戦時動員体制確立要綱」を決定し、戦力増強のための本格的軍需工場動員と「直接国土防衛」の軍事訓練の徹底を期した。44年3月に「決戦非常措置要綱ニ基ク学徒動員実施要綱」を閣議決定、中等学校以上の生徒は男女を問わず徹底的に工場に配置されることになり、45年3月には国民学校初等科を除き1年間の授業が停止され、学徒は軍需生産、食糧増産、防空防衛に動員された。その数は45年7月には340万余に達し、最大の危機にあった軍需産業での支柱的役割を果たした。その一方、学力低下は免れず、一般工員との摩擦や空腹、けが、病気、風紀問題などさまざまな問題が起きた。動員中の空襲その他による死亡者は1万0966人に達し、これには8953人の原爆死亡者が含まれ、わが国の学生史上、学徒出陣とともに最大の哀史となった。[吉村徳蔵]
『文部省編・刊『学制八十年史』(1954)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

学徒動員の関連キーワード渡辺千恵子さんと合唱曲平和の旅へマルティン ワルザー太平洋戦争史(年表)内外学生センター筑波海軍航空隊学徒勤労動員佐々木 孝男牧田 与一郎山崎 晃嗣仲浜 靖一司馬遼太郎船越 英二森滝 市郎芥川也寸志岡部 長景只松 祐治高橋 正衛一番美しくワルザー山口仙二

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学徒動員の関連情報