コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召次 めしつぎ

1件 の用語解説(召次の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

めしつぎ【召次】

院の御所(上皇の居所)で雑事に従った下級の職員。時を奏したり院御幸に供奉したりした。詰所を召次所といったので転じて召次を召次所と呼ぶことがある。統率にあたる者を召次の長といい,年労の者を長に任じた。院の庭に伺候したので御坪(壺)召次ともいう。召次の収入源としては丹波国桑田郡の召次保のほかに,最勝光院敷地の半分が召次衣服料に充てられていた。なお,五院六勝寺などの御願寺の敷地は南北朝期には召次と牛飼等に宛て行われていたので,最勝光院以外にも召次の経済的なよりどころがあった可能性がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

召次の関連キーワード花の御所院の御所院の西面院の北面公人仙院仙洞仙洞御所常の御所枌楡の居

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone