コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召次 めしつぎ

世界大百科事典 第2版の解説

めしつぎ【召次】

院の御所(上皇の居所)で雑事に従った下級の職員。時を奏したり院御幸に供奉したりした。詰所を召次所といったので転じて召次を召次所と呼ぶことがある。統率にあたる者を召次の長といい,年労の者を長に任じた。院の庭に伺候したので御坪(壺)召次ともいう。召次の収入源としては丹波国桑田郡の召次保のほかに,最勝光院敷地の半分が召次衣服料に充てられていた。なお,五院六勝寺などの御願寺の敷地は南北朝期には召次と牛飼等に宛て行われていたので,最勝光院以外にも召次の経済的なよりどころがあった可能性がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

召次の関連キーワード近木荘富永荘別納所院司寄人初参

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android