コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰(め)所 ツメショ

デジタル大辞泉の解説

つめ‐しょ【詰(め)所】

特定の勤務の人が集まって詰めている所。「警備員の詰め所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の詰(め)所の言及

【大名】より

… (1)大廊下は三家と加賀前田氏(大名中最大の領地を持つ)が詰める部屋である。 (2)溜間は会津,忍(おし),高松の各松平氏,松山,桑名の久松氏,井伊氏,姫路酒井氏などの親藩またはそれに准ずる大名か,10万石以上の有力譜代大名の詰所となっている。ここは毎日だれかが詰めていて,場合によっては幕政につき諮問を受けることがあった。…

※「詰(め)所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

詰(め)所の関連キーワード熊本県八代郡氷川町御湯殿上日記足尾銅山争議レベッカ暴動維摩経義疏宮原〈町〉北面の武士三方楽所御広敷番維摩居士クラトン小十人組御用部屋院武者所桔梗の間御湯殿上江戸橋維摩経小舎人アゴラ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android