コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑事 ザツジ

デジタル大辞泉の解説

ざつ‐じ【雑事】

本来の仕事以外のいろいろな用事。取るに足らない雑多な事柄

ぞう‐じ〔ザフ‐〕【雑事】

雑多な事柄や用事。ざつじ。
「―ども仰せられつるついでに」〈浮舟
中世年貢以外の種々の租税労役

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ざつじ【雑事】

特に重要でない、いろいろの細かい仕事。いろいろの用事。 「 -に追われる」 「 -にかまける」

ぞうじ【雑事】

雑多な事柄。雑用。ざつじ。 「御葬送の-ども仕うまつり侍る/源氏 手習
平安時代以後、田租・年貢などのほかに課せられた雑税。雑公事ぞうくじ
雑事銭 」に同じ。 「便書をもて-など乞ふに/十訓 1
野菜。青物。 〔日葡〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

雑事の関連キーワードアンペイドワーク召し使い・召使い守貞謾(漫)稿公人朝夕人六位の蔵人女嬬・女孺政事要略御所奉行戯作三昧無償労働書捨てる彽徊趣味取紛れる召し次ぎ庭の者まつり六知事下働き帰有光時の簡

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑事の関連情報