雑事(読み)ザツジ

大辞林 第三版の解説

ざつじ【雑事】

特に重要でない、いろいろの細かい仕事。いろいろの用事。 「 -に追われる」 「 -にかまける」

ぞうじ【雑事】

雑多な事柄。雑用。ざつじ。 「御葬送の-ども仕うまつり侍る/源氏 手習
平安時代以後、田租・年貢などのほかに課せられた雑税。雑公事ぞうくじ
雑事銭」に同じ。 「便書をもて-など乞ふに/十訓 1
野菜。青物。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑事の関連情報