コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可逆振り子 かぎゃくふりこreversible pendulum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可逆振り子
かぎゃくふりこ
reversible pendulum

重力加速度 g 値を測定するために考案された実体振り子。両端近くに支軸用のナイフエッジA ,B がついた金属棒の一端におもりを固定し,他端には可動のおもりが取付けられたもの。A またはB を支持したときの振動が同じ周期 T をもつように可動のおもりを動かして調整すると,この実体振り子は長さ l=AB の単振り子と同等となる。したがって,lT の測定値から g=4π2l/T2 により g の値が算出される。実際にはA またはB を支持したときの振動周期を完全には一致させることができないので,ほぼ等しい周期 T1T2 に調整したときの重心G を求めて h1=GA ,h2=GB とすれば
により g の値が算出される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

可逆振り子の関連キーワードケーターの可逆振り子ボルダの振り子重力加速度振り子

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android