重力加速度(読み)じゅうりょくかそくど(英語表記)gravitational acceleration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「重力加速度」の解説

重力加速度
じゅうりょくかそくど
gravitational acceleration

地球の重力が地上の物体に及ぼす加速度で,重力を物体の質量で割った量。記号 gで表わされ,大きさはほぼ 9.80m/s2 である。重力は地球の万有引力だけでなく,地球が自転しているために生じる遠心力との合力で与えられる。遠心力は赤道に近いほど大きいので,重力加速度は緯度が低いほど小さいが,極点での最大値と赤道での最小値との差は 0.5%以下にすぎない。重力加速度の値はボルダの振り子周期,または鉛直に打上げた物体の標点が2つの高さにある標線を上向きまたは下向きに通過する時間差の測定などによって求められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「重力加速度」の解説

じゅうりょく‐かそくど ヂュウリョク‥【重力加速度】

〘名〙 物体が重力をうけて真下に落下する場合の加速度。ɡで表わされる。地球上の場所によってわずかに異なるが、約九・八 m/s2

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「重力加速度」の解説

じゅうりょく‐かそくど〔ヂユウリヨク‐〕【重力加速度】

物体を自由落下させたとき、重力によって生じる加速度。毎秒毎秒約9.8メートルの割合で起きる速度変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android