台座の別れ(読み)ダイザノワカレ

デジタル大辞泉の解説

台座(だいざ)の別れ

《人間の胴体台座にたとえて》首が胴を離れること。死んでしまうこと。
「何がさて相違あらば―、御存分になさいませ」〈浄・千本桜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいざのわかれ【台座の別れ】

首を斬られて死ぬこと。笠の台の生き別れ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいざ【台座】 の 別(わか)

(胴体を台座にたとえて) 斬られて、首と胴とが別々になること。笠の台の生別れ
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)三「何が扨相違あらば台座(ダイザ)の別れ、御存分になされませ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android