台湾先住民諸語(読み)タイワンせんじゅうみんしょご(英語表記)Formosan languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

台湾先住民諸語
タイワンせんじゅうみんしょご
Formosan languages

台湾先住民の固有語の総称。話し手総数約 13万人。山岳地帯および東部で話されているが,西部平地では中国語,主としてミン (閩) 方言が用いられており,台湾先住民諸語は少数派になっている。オーストロネシア語族のインドネシア語派に属し,接辞の使用が盛んなのが特徴。 (1) アタヤル語 (タイヤル語) ,セデック語,(2) ツオウ語 (ツォウ語) ,カナカナブ語 (カナブ語) ,サアロア語 (ラアロア語) ,ルカイ語,(3) パイワン語,サインシャット語 (サイセット語) ,プユマ語,ブヌン語,アミ語 (アミス語) などがある。広義では,さらにフィリピンのヤミ語を含むことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android