台湾諸語(読み)タイワンショゴ

大辞林 第三版の解説

たいわんしょご【台湾諸語】

台湾原住民の諸言語。かつては高砂語たかさごごなどといわれていたが、互いに通じないほど異なる諸言語が行われているため、現在はその名称をとらない。オーストロネシア語族のうちの一。アタヤル語・アミ語・ツォウ語などが含まれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たいわん‐しょご【台湾諸語】

〘名〙 主に台湾山地に住む先住民の話す諸語。オーストロネシア語族に属する。島の北部にはアタヤル語、セデック語サイシャット語が、中部にはアミ語、パイワン語、ブヌン語、サオ語が、その他、サアロア語ツォウ語などが見出される。高山族諸語

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android