高山族諸語(読み)こうざんぞくしょご

世界大百科事典 第2版の解説

こうざんぞくしょご【高山族諸語】

台湾に居住する原住民族の言語総称で,高砂(たかさご)族諸語ともいい,すべてアウストロネシア語族(以下〈南島語族〉と略称する)に属する。しかし高山族諸語が南島語族の中でどのような位置を占めるかについては学者によって意見が異なり,南島語族を西部語派(インドネシア語派)とオセアニア語派に二分し,高山族諸語は前者に属するとする,南島語族を台湾語派(高山族諸語)とその他に二大分する説,南島語族を台湾語派,西部語派,オセアニア語派に三大分する説,さらには南島語族をアタヤル語派,ツォウ語派,パイワン語派(以上の3語派はすべて高山族諸語),マレーポリネシア語派に四大分する説などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android