右上がり(読み)ミギアガリ

デジタル大辞泉の解説

左に比べて右が上がって見えるもの。
文字の書き方で、水平ではなく右側をやや上げて書くこと。右肩上がり。
グラフに向かって上がっていくから》どんどん数値が上がっていくこと。後になるほど状態がよくなること。右肩上がり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android