司教座聖堂学校(読み)しきょうざせいどうがっこう(英語表記)cathedral school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパ各地の司教座聖堂に付設され,聖職者が経営した学校。当初は聖職者養成を目的としたが,次第に俗人子弟も教えるようになった。多くの場合,貴族の男子を対象に,教会宮廷や商業などの要職に従事するうえで必要とされる知識,技能の教授にあたった。各司教座聖堂ごとに設けられ,普通は 100人以下の生徒を収容した。中世初期,8~9世紀頃のヨーク,オルレアン,リームズの学校は特に有名であった。 12世紀のシャルトルの司教座聖堂学校では,フランス有数のスコラ哲学者 C.ベルナールが,聖書学ギリシア・ローマ古典学を教授して当代随一の勢威をふるった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android