コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合作医療 がっさくいりょうhé zuò yī liáo

世界大百科事典 第2版の解説

がっさくいりょう【合作医療 hé zuò yī liáo】

中華人民共和国の医療制度の一つ。解放後の中国では,国家機関従業者と工場労働者には医療保険制ができたが,人口の圧倒的多数の農村は放置された。1957年に広東のある生産大隊で,1隊員年1元を拠出し,生産隊と大隊とがそれぞれ見合う額(たとえば各1元)を出して必要な医療を実施しようとの制度がうまれ,合作医療とよばれた。人民公社制度とともに全国に普及し,〈はだしの医者〉とともに農村住民の健康の保持に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android