コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合作医療 がっさくいりょう hé zuò yī liáo

1件 の用語解説(合作医療の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がっさくいりょう【合作医療 hé zuò yī liáo】

中華人民共和国の医療制度の一つ。解放後の中国では,国家機関従業者と工場労働者には医療保険制ができたが,人口の圧倒的多数の農村は放置された。1957年に広東のある生産大隊で,1隊員年1元を拠出し,生産隊と大隊とがそれぞれ見合う額(たとえば各1元)を出して必要な医療を実施しようとの制度がうまれ,合作医療とよばれた。人民公社制度とともに全国に普及し,〈はだしの医者〉とともに農村住民の健康の保持に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

合作医療の関連キーワードウ・タント簡体字中華人民共和国朝鮮民主主義人民共和国陳毅国務院人民服人民民主主義張瀾中国人民銀行

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

合作医療の関連情報