コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合弁花冠 ごうべんかかん

大辞林 第三版の解説

ごうべんかかん【合弁花冠】

花弁が全部または一部分、合着している花冠。花冠の形によって、舌状花冠・漏斗状花冠・鐘状花冠などに分ける。 ⇔ 離弁花冠花冠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の合弁花冠の言及

【花冠】より

…花冠の形や色は,訪花昆虫との関係できわめて多様であり,類縁を調べたり,種を識別する形質の一つとして重視される。花弁が互いに離れたものを離弁花冠,花弁が互いに合着したものを合弁花冠とよぶ。【福岡 誠行】。…

【合弁花】より

…花弁が互いにその辺縁で合着した合弁花冠をもつ花。花弁の合着の程度はさまざまで,レンギョウのように基部に限られているものから,アサガオのように全長にわたっているものまである。…

※「合弁花冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

合弁花冠の関連キーワードヒョウタンボク(瓢箪木)ノウゼンカズラ科キョウチクトウ科ウルップソウ科スイカズラ科フジウツギ科クマツヅラ科ヤブコウジ科ムラサキ科ツユクサ科ガガイモ科エゴノキ科ハイノキ科イワウメ科モクセイ科ハナシノブ合弁・合瓣鐘形花冠離弁花冠鐘状花冠

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android