コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成培地

1件 の用語解説(合成培地の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

合成培地

 化学的に明確な物質を混合して微生物や細胞の培養に用いる溶液のこと.またその溶液を作るために混合された粉末材料をいう場合もある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の合成培地の言及

【培養】より

…したがって培養液は,(1)栄養分として細胞が必要とするすべての塩類,アミノ酸,脂質,炭水化物,ビタミン,成長因子などを含んでいること,(2)細胞が代謝により酸性物質を産生しても,pHを中性に維持できる毒性のない緩衝液を含んでいること,(3)生体の組織液と等張の濃度であること,(4)微生物の混入を防ぎ無菌状態を維持すること,が要求される。培養液には,動物の体液や組織液を使用する天然培地と,化学組成のわかっている物質を組み合わせて作る合成培地とがある。天然培地は血漿,血清,胚抽出物など,動物のからだから取り出されたもので,細胞に栄養物を供給し,また支持構造を作って物理的に支え,細胞の増殖や分化に適しているが,その化学組成を正確に知ることができない欠点がある。…

※「合成培地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

合成培地の関連キーワード混合エントロピー生物学的製剤成分栄養混合火薬生物化学的処理生物化学分析微生物学的検定法微生物定量微生物毒ハザード(危害要因)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

合成培地の関連情報