コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

培地(読み)バイチ

百科事典マイペディアの解説

培地【ばいち】

培養基とも。培養に必要な栄養成分を含む液体,またはそれに寒天やゼラチンなどを加えて固形化したもの。微生物の培養には普通,ブイヨンペプトン水を用いる。その他,普通培地では発育しにくい特殊な微生物が発育するように特殊成分を加えた特殊培地,各種微生物の混在する中から特定種だけを分離するための分離培地や選択培地などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ばいち【培地】

微生物あるいは動植物の組織などを培養するために調製された液状または固形の物質。培養基。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の培地の言及

【培養】より

…微生物,動・植物の細胞,組織,器官を人工的に生育,増殖させること。
【微生物の培養】
 微生物の生育に必要なブドウ糖のような炭素源,ペプトンや硫酸アンモニウムのような窒素源,その他リン酸塩のような無機塩類,アミノ酸やビタミンのような生育因子などの栄養素を混合したものを培地culture mediumといい,微生物の培養に用いる。栄養素を水に溶かしたものを液体培地,それをゼラチンや寒天で固めたものを固形培地という。…

※「培地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

培地の関連情報