コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合戦場 かっせんば

世界大百科事典内の合戦場の言及

【都賀[町]】より

…かつては大麻の生産が盛んであった。南部の合戦場(かつせんば)は,1523年(大永3)に宇都宮氏と栃木の皆川氏が戦った古戦場で,江戸時代は日光例幣使街道の宿駅であった。【千葉 立也】。…

※「合戦場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合戦場の関連キーワード神奈川県愛甲郡愛川町三増福島県二本松市東新殿日光例幣使街道秋田県横手市関ヶ原(町)勢汰(勢揃)賀茂川∥鴨川夜久野[町]明野[町]小山氏城跡松浦宮物語例幣使街道三輪[町]合志(市)都賀〈町〉都賀[町]刀剣乱舞長野盆地平治物語保元物語

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合戦場の関連情報