コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実盛 サネモリ

世界大百科事典 第2版の解説

さねもり【実盛】

(1)平曲の曲名。《実盛最期》とも称する。平物(ひらもの)。平家の軍勢は加賀の篠原(しのわら)で木曾義仲に破られて敗走したが,斎藤別当実盛はただ一騎踏みとどまって奮戦した。赤地錦直垂(ひたたれ)に萌葱(もえぎ)の鎧というその晴姿を見て,手塚太郎光盛(てづかのたろうみつもり)が名のりかけたが,実盛はわざと名のらず,手塚の家来を馬の鞍に押さえつけて首を押し切った。しかし老武者のこととてしだいに疲れが出て,ついに手塚に討たれた(〈中音(ちゆうおん)〉)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さねもり【実盛】

能の一。二番目物。世阿弥作。遊行ゆぎよう上人が実盛首洗池の辺りで回向していると、斎藤実盛の霊が現れ、白髪を染め錦の直垂ひたたれを着て出陣したが、奮戦むなしく手塚太郎に討たれたさまを物語る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実盛
さねもり

能の曲目。二番目物。重厚に描かれた修羅能の名作。五流現行曲。出典は『平家物語』。斎藤実盛の亡霊が没後200年目に、戦死した首洗い池のほとりで遊行上人(ゆぎょうしょうにん)に回向(えこう)を求めたという、『満済准后(まんぜいじゅごう)日記』にも記されているニュースを、世阿弥(ぜあみ)が早速に脚色した能とされる。加賀国(石川県)篠原(しのはら)の里で遊行上人(ワキ)が法会をしているところへ、毎日聴聞にくる老翁(前シテ)があった。他の人に姿が見えぬ翁(おきな)に、上人が名を名のれというと、執心残った実盛の亡霊と告げて消える。僧の弔いに、ありし日の姿で現れた実盛の霊(後シテ)は、故郷へ錦(にしき)を飾るため赤地の錦の武装で出陣し、白髪を黒く染めた老武者の心意気を語り、源義仲(よしなか)を討とうとするが阻まれて戦死を遂げた無念、首が洗われて白髪になる話が、巧みな倒置法の手法で描かれ、成仏を願って消える。『頼政(よりまさ)』『朝長(ともなが)』とともに三修羅とよばれ、重い扱いをされる難曲の能。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

実盛の関連キーワード懸け隔たる・懸隔たる・駆け隔たる河原崎 権十郎(2代目)石川県加賀市深田町片山津[温泉]歓喜院聖天堂鵜沢 勇三大矢・大箭源平布引滝玉丘古墳群畳み上げる片山津温泉妻沼聖天堂無き世語り黄金の言葉森 茂好増田正造保元の乱懸隔たる市川鶴寿手塚光盛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実盛の関連情報