吉備上道兄君(読み)きびのかみつみちの えきみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備上道兄君 きびのかみつみちの-えきみ

日本書紀」にみえる豪族。
吉備上道田狭(たさ)と吉備稚媛(わかひめ)の子。星川皇子の異父兄。雄略天皇23年天皇の死後,皇位をねらって乱をおこした星川皇子にしたがったが,大伴室屋ら朝廷軍に包囲され,皇子ともどもやき殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android