コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備稚媛 きびの わかひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備稚媛 きびの-わかひめ

「日本書紀」にみえる雄略天皇の妃。
吉備上道臣(かみつみちのおみ),または吉備窪屋臣(くぼやのおみ)の娘。吉備上道田狭(たさ)と結婚,吉備上道兄君(えきみ)・弟君(おときみ)を生む。雄略天皇7年夫の留守中天皇にめされて妃となり,磐城(いわきの)皇子,星川稚宮(わかみやの)皇子をもうけた。天皇の没後星川皇子の即位をはかって失敗,皇子らとともに焼き殺されたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉備稚媛の関連キーワード吉備上道弟君吉備上道臣清寧天皇磐城皇子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android