吉川経幹周旋記(読み)きっかわつねもとしゅうせんき

世界大百科事典 第2版の解説

きっかわつねもとしゅうせんき【吉川経幹周旋記】

長州藩を中心とする幕末維新史料集。26巻。長州藩の一支藩,岩国藩の藩主であった吉川経幹(1829‐69)は,1861年(文久1)ごろから幕府や朝廷と長州藩の間の周旋をし,一時,長州本藩の対外的な代表者であった。本書は,68年(明治1)に至る当時の原史料を,井上尚志,戸川勿らが編年体に編纂したもの。81年成立。《日本史籍協会叢書》6冊に所収。【井上 勝生】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android