コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川経幹周旋記 きっかわつねもとしゅうせんき

1件 の用語解説(吉川経幹周旋記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きっかわつねもとしゅうせんき【吉川経幹周旋記】

長州藩を中心とする幕末維新史料集。26巻。長州藩の一支藩,岩国藩の藩主であった吉川経幹(1829‐69)は,1861年(文久1)ごろから幕府や朝廷と長州藩の間の周旋をし,一時,長州本藩の対外的な代表者であった。本書は,68年(明治1)に至る当時の原史料を,井上尚志,戸川勿らが編年体に編纂したもの。81年成立。《日本史籍協会叢書》6冊に所収。【井上 勝生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉川経幹周旋記の関連キーワード村田峰次郎維新史料編纂会大塚武松大日本史料長州征伐藩閥政治NHK大河ドラマ岡部精一中原邦平宮地正人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone