コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川経幹 きっかわ つねまさ

3件 の用語解説(吉川経幹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川経幹 きっかわ-つねまさ

1829-1867 幕末の大名。
文政12年9月3日生まれ。天保(てんぽう)15年(1844)周防(すおう)(山口県)岩国城主吉川家をつぐ。学校養老館を創設。第1次幕長戦争の際,宗家毛利家存続のため両者間を周旋。慶応2年の再戦のときは毛利家に協力して幕府軍を撃破。3年3月20日病死したが喪は秘され,4年岩国藩6万石初代藩主として大名に列した。享年39歳。初名は章貞。通称は監物。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉川経幹

没年:慶応3.3.20(1867.4.24)
生年:文政12.9.3(1829.9.30)
幕末の長州(萩)藩の支藩,岩国藩主。「つねもと」とも読む。通称,亀之進,監物。弘化1(1844)年家督を継ぐ。文久2(1862)年長州本藩が尊王攘夷の藩是を決めてから,藩初以来疎隔していた関係が修復され,毛利敬親の名代として上京した。文久3年の8月18日の政変により本藩が京都から追われるとき,7人の公卿を護衛して帰藩した(七卿落ち)。翌年の禁門の変後,本藩に恭順を説き,広島の幕府軍のもとに赴き,謝罪を周旋した。慶応2(1866)年の幕長戦争には,本藩と共に広島口で戦い,翌年3月に病死した。死の公表は,明治2(1869)年。<参考文献>日本史籍協会『吉川経幹周旋記

(井上勝生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きっかわつねもと【吉川経幹】

1829~1867) 幕末の岩国藩主。第一次長州征伐に際し、宗家毛利家存続のため恭順を主張。長州藩と幕府を周旋し、長州藩の危機を救った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉川経幹の言及

【岩国藩】より

…周防国(山口県)岩国を中心に玖珂郡の南半を占める地域で,長州萩本藩毛利氏の別家吉川(きつかわ)氏の領有地。幕府は吉川氏を藩に列しなかったが,藩に近い待遇を与え,江戸に邸地を認め,継嗣のあと1回の登城・謁見を許した。萩本藩でも他の支藩とは同格でなかった。そのため一般的には岩国領という。正式に岩国藩となったのは1868年(明治1)からである。始祖吉川広家(元春三男)から第13代経健(経幹次男)にいたる。…

【吉川経幹周旋記】より

…26巻。長州藩の一支藩,岩国藩の藩主であった吉川経幹(1829‐69)は,1861年(文久1)ごろから幕府や朝廷と長州藩の間の周旋をし,一時,長州本藩の対外的な代表者であった。本書は,68年(明治1)に至る当時の原史料を,井上尚志,戸川勿らが編年体に編纂したもの。…

※「吉川経幹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉川経幹の関連キーワード黒田長知宍戸左馬之介福原越後支藩山口[県]大塚慊三郎清水清太郎都野巽堀庄次郎吉川経幹周旋記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉川経幹の関連情報