コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周旋 シュウセン

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐せん〔シウ‐〕【周旋】

[名](スル)
売買・交渉などで、当事者間に立って世話をすること。とりもち。なかだち。斡旋(あっせん)。「下宿を周旋する」
事をとり行うために動きまわること。面倒をみること。
「生肉をな、一斤ばかり持参いたすんで、至極の正味を―いたいてくれ」〈魯文安愚楽鍋
国際法上、国際紛争を平和的に解決するため、第三国が外部から紛争当事国交渉をとりもって援助すること。
ぐるぐると回ること。めぐりあるくこと。周遊。
「ひろく所々を―して」〈洒・雑文穿袋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうせん【周旋 good offices】

国際紛争の平和的処理方法の一つであって,第三国が紛争当事国の和解のために斡旋すること。つまり,第三国が紛争の内容には立ち入らず,紛争当事国の交渉による解決を勧告したり,あるいは交渉のための会場を提供するなどして,外部から和解を促進するための便宜を図ることをいう。1905年に,アメリカ大統領ローズベルトが日露戦争の当事国たる日露両国に対して周旋を行い,ポーツマス条約を締結させたのはその著名な例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうせん【周旋】

( 名 ) スル
売買や雇用などの交渉で、仲に立って世話をすること。なかだち。斡旋あつせん。 「 -業」 「適当な人物を-しますよ/破戒 藤村
国際紛争の平和的処理方法の一。紛争当事国以外の第三者が当事国間の交渉を進めるために、通信の便宜を図ったり、場所を提供したりするなどの援助を行うこと。
事をなすため立ちまわること。世話をすること。 「甲斐〱しく酒杯の間に-し/鬼啾々 夢柳
あちこちめぐり歩くこと。周遊。 「ひろく所々を-して/洒落本・雑文穿袋」
ぐるぐるまわること。めぐりめぐること。 「みな本証の仏花を-する故に/正法眼蔵」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

周旋の関連キーワード馬博労・馬伯楽周旋[国際法]トンネル会社コミッション仲立ち営業健仁寺梧庵売春防止法大阪会議犬塚盛巍長井雅楽口入れ人廻船問屋人入れ宿奉公人宿口入れ屋仲立人奥印金手配師肝煎宿周旋屋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

周旋の関連情報