コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉弘楽(よしひろがく)

デジタル大辞泉プラスの解説

吉弘楽(よしひろがく)

大分県国東市武蔵地区に伝わる民俗芸能八幡神社の境内で旧暦6月13日に奉納される太鼓踊の一種。49名の踊り手たちが、胸に吊るした太鼓を叩き、隊形を様々に変化させながら踊る。念仏踊の要素もあり、1996年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

吉弘楽(よしひろがく)の関連キーワード国東(市)国東半島大分県

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android