吉武 泰水(読み)ヨシタケ ヤスミ

20世紀日本人名事典の解説

吉武 泰水
ヨシタケ ヤスミ

昭和・平成期の建築家 東京大学名誉教授;筑波大学名誉教授;元・日本建築学会会長。



生年
大正5(1916)年11月8日

没年
平成15(2003)年5月26日

出生地
大分県来浦町

学歴〔年〕
東京帝大工学部建築学科〔昭和14年〕卒

学位〔年〕
工学博士〔昭和31年〕

主な受賞名〔年〕
日本建築学会賞〔昭和30年〕,日本建築学会大賞〔昭和42年〕,紫綬褒章〔昭和56年〕,勲二等旭日重光章〔平成1年〕

経歴
昭和14年大蔵省営繕管財局嘱託、17年東京大学助教授、34年工学部教授を経て、48年筑波大学副学長。52年芸術学系長、同年東京大学名誉教授、53年九州芸術工科大学学長に就任。61年退官し、平成10年まで神戸芸術工科大学学長を務めた。この間、昭和52年から2年間、日本建築学会会長。建築計画学の草分け的存在として知られ、公営住宅のダイニングキッチンを考案し、“2DK”の育ての親と言われる。成蹊小学校、東京大学附属病院など学校、病院の設計を数多く手がけた。また「新首相官邸の基本設計に関する有識者会議」座長も務めた。主著に「建築計画学への試み」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android