座長(読み)ザチョウ

デジタル大辞泉の解説

ざ‐ちょう〔‐チヤウ〕【座長】

芝居・見世物・演芸などの一座の長。座頭(ざがしら)。
座談会や懇談会などで、会の進行や取りまとめなどをする役。「座長をつとめる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざちょう【座長】

会議や座談会などで議事進行をはかる人。
芝居や演芸を行う一座のかしら。座頭ざがしら

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざ‐ちょう ‥チャウ【座長】

〘名〙
芝居などの一座の長。ざがしら。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉緒言「そも劇場の進歩せざる、座長(ザチャウ)の罪歟、舞台の都合歟」
② 集会などで、議事の進行をはかる人。司会者。
※松川裁判について(1958)〈広津和郎〉「その謀議の座長を勤めていた武田久君」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座長の関連情報