コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座長 ザチョウ

デジタル大辞泉の解説

ざ‐ちょう〔‐チヤウ〕【座長】

芝居・見世物・演芸などの一座の長。座頭(ざがしら)。
座談会や懇談会などで、会の進行や取りまとめなどをする役。「座長をつとめる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ざちょう【座長】

会議や座談会などで議事進行をはかる人。
芝居や演芸を行う一座のかしら。座頭ざがしら

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

座長の関連キーワードフランシス ファーガスン坂東 彦五郎(11代目)国際協力に関する懇談会市川 おもちゃ(初代)生田 徳兵衛(2代目)外国人集住都市会議R.W. ライリー天井桟敷の人々竹沢 龍千代前川レポート浜田 守太郎新宿コマ劇場片岡 あや子森脇 勘蔵紀岡 弘邦佐藤 重弥国分 俊夫都築 文男情熱の巡礼大宮 敏充

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座長の関連情報