コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田明志女 よしだ あきしじょ

1件 の用語解説(吉田明志女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田明志女 よしだ-あきしじょ

1880-1937 明治-昭和時代前期の俳人。
明治13年9月30日生まれ。吉田絃二郎の妻。祖父の蹄雪庵伯志にかわいがられ,13歳で宗匠代をつとめたという。絃二郎著「夜や秋や日記」に「明志女句集」がある。昭和12年7月1日死去。58歳。東京出身。淑徳女学校卒。旧姓は前田。本名は明枝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田明志女の関連キーワード伊東太郎遠藤桂風兼田秀雄菊竹淳小杉武司千宗左(12代)中川浄益(10代)松山茂森永助森連