コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田絃二郎 よしだ げんじろう

7件 の用語解説(吉田絃二郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉田絃二郎

小説家・戯曲家・随筆家。絃。佐賀県生。早大芸文科卒。著書に『磯ごよみ』『小鳥の来る日』他がある。昭和31年(1956)歿、69才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐げんじろう〔‐ゲンジラウ〕【吉田絃二郎】

[1886~1956]小説家・劇作家・随筆家。佐賀の生まれ。本名、源次郎。自然や人生に寄せる愛惜と悲哀の情を語りかける思索的な作品を書いた。小説「島の秋」、戯曲「大谷刑部」、随筆感想集「小鳥の来る日」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉田絃二郎【よしだげんじろう】

小説家,随筆家。本名源次郎。佐賀県生れ。早大英文科卒。《早稲田文学》に発表の《島の秋》で文壇に出た。その後,小説作品も多いが,とくに《小鳥の来る日》などの感傷的な随筆が青少年に広く迎えられた。
→関連項目早稲田派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田絃二郎 よしだ-げんじろう

1886-1956 大正-昭和時代の小説家,劇作家,随筆家。
明治19年11月24日生まれ。キリスト教の「六合(りくごう)雑誌」の編集者から大正5年早大講師となる。小説「島の秋」,ベストセラーとなった随筆集「小鳥の来る日」,戯曲「西郷吉之助」などがある。昭和31年4月21日死去。69歳。佐賀県出身。早大卒。本名は源次郎。
【格言など】人はひとりであるときいちばん強い

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よしだげんじろう【吉田絃二郎】

1886~1956) 小説家・劇作家・随筆家。佐賀県生まれ。本名は源次郎。早大卒。小説「磯ごよみ」で文壇にデビュー、「島の秋」が出世作となる。繊細なセンチメンタリズムとヒューマニスティックな宗教的詩情をたたえた随筆感想集「小鳥の来る日」は大正期の驚異的なベスト-セラーになった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田絃二郎
よしだげんじろう

[生]1886.11.24. 佐賀,神崎
[没]1956.4.21. 東京
小説家,劇作家,随筆家。本名,源次郎。 1911年早稲田大学英文科卒業。 16年から早大で教鞭をとるかたわら『早稲田文学』に寄稿,短編小説『島の秋』 (1917) で認められた。次いで『清作の妻』 (18) ,『大地の涯 (はて) 』 (19) ,『芭蕉』 (22) などの小説,『大谷刑部』 (25) などの戯曲,『小鳥の来る日』 (21) などの随筆を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田絃二郎
よしだげんじろう
(1886―1956)

小説家、随筆家、戯曲家。佐賀県神崎町生まれ。本名は源次郎。年少のころから教会に通い、クリスチャンたらんとしていた。1911年(明治44)早稲田(わせだ)大学英文科卒業後、『六合雑誌(りくごうざっし)』の編集に従事し、1916年(大正5)から早大講師(1931年まで)となる。一方、自然や人生を感傷のうちに見つめる思索的な作品を書き、青年子女を中心に多くの愛読者をもった。出世作となった小説『島の秋』(1917)、当時のベストセラーとなった随筆集『小鳥の来る日』(1921)、戯曲『西郷吉之助』(1924)など多くの作品がある。[鳥居明久]
『『吉田絃二郎全集』全18巻(1931~1934・新潮社) ▽『吉田絃二郎感想選集』全10巻(1939~1940・新潮社) ▽『日本現代文学全集105』(1969・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田絃二郎の関連情報