コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良常 きらつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良常 きらつね

尾崎士郎の小説「人生劇場」の登場人物。
本名は太田常吉。三州(愛知県)吉良の横須賀村出身で,吉良の仁吉の血をひく侠客(きょうかく)。青成瓢太郎にほれこみ,その自殺後各地を放浪する。瓢太郎の息子瓢吉や侠客飛車角の力になり,瓢吉の成長を楽しみにして吉良の旅館で没する。昭和8年から「都新聞」ほかに連載。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉良常の関連キーワード山本 礼三郎内田 吐夢山本礼三郎尾崎士郎内田吐夢小熊恭子青成瓢吉

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android