コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良 きら

6件 の用語解説(吉良の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉良
きら

愛知県南部,西尾市南部に位置する旧町域。三河湾に臨む。1955年吉田町と横須賀村が合体して町制。2011年西尾市に編入。水田裏作(→裏作)のナタネが衰退した 1959年以降は,米作のほかイチゴカーネーションなどの施設園芸や酪農,養鶏が行なわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きら【吉良】[地名]

愛知県西尾市の地名。三河湾に臨み、江戸時代から製塩が行われた。もと吉良義央(きらよしなか)の領地。吉良温泉がある。

きら【吉良】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「吉良」姓の人物
吉良上野介(きらこうずけのすけ)
吉良竜夫(きらたつお)
吉良義央(きらよしなか)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きら【吉良】

愛知県南部、幡豆はず郡の町。江戸時代、吉良義央よしなかの領地。かつて製塩が盛ん。吉良温泉がある。

きら【吉良】

姓氏の一。足利氏の支族。足利義氏が三河国幡豆郡吉良荘地頭となったことに始まる。近世の高家吉良は後裔。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉良
きら

愛知県中南部、幡豆(はず)郡にあった旧町名(吉良町(ちょう))。現在は西尾(にしお)市の南部中央を占める一地区。旧吉良町は農漁業と観光の町で、三河(みかわ)湾に臨み、矢作(やはぎ)古川のつくるデルタ地帯にある。1955年(昭和30)吉田町と横須賀(よこすか)村が合併して吉良町と改称。2011年(平成23)西尾市に編入された。旧町名は荘園(しょうえん)名の吉良荘(しょう)による。名古屋鉄道蒲郡(がまごおり)線・西尾線と国道247号が通じる。三河湾国定公園の一部で、宮崎海岸は海水浴の適地で、吉良温泉もあり観光拠点の一つ。イチゴ、ナシ、ミカンなどの園芸農業、吉良茶、ノリ養殖が盛んで、最近まで製塩業も行われていたが1970年に廃止。江戸時代は吉良義央(よしなか)の領地で、義央は治水(黄金(こがね)堤)、製塩に功績があったといわれ、住民からは名君と慕われ、華蔵(けぞう)寺に墓もある。金蓮(こんれん)寺の弥陀(みだ)堂は国宝。源徳寺には吉良の仁吉(にきち)の墓がある。丘陵上には正法寺古墳(国指定史跡)がある。[伊藤郷平]
『『吉良町誌』(1965・吉良町) ▽『吉良町史』全8巻(1988~1999・吉良町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉良の関連キーワード愛知県西尾市上町愛知県西尾市亀沢町愛知県西尾市錦城町愛知県西尾市巨海町愛知県西尾市中町愛知県西尾市本町愛知県西尾市南旭町愛知県西尾市南奥田町愛知県西尾市南中根町愛知県西尾市宮町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉良の関連情報