吉野大夫(読み)よしのだゆう

美術人名辞典の解説

吉野大夫

江戸前期の遊女。京都生。武士松田武右衛門の娘。名は徳子、禿名は林弥。7才で肥前大夫の禿となり、14才で大夫となる。当時才色最も優れた遊女として名高く、多くの逸話を残した。寛永20年(1643)歿、38才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

吉野大夫の関連情報