コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤明生 ゴトウメイセイ

百科事典マイペディアの解説

後藤明生【ごとうめいせい】

小説家。旧朝鮮永興生れ。本名明正(あきまさ)。早稲田大学卒。卒業後,博報堂平凡出版に勤務しながら創作を続ける。《人間の病気》(1967年)が芥川賞候補となったのを契機に創作活動に専念。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤明生 ごとう-めいせい

1932-1999 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和7年4月4日朝鮮咸鏡南道生まれ。平凡出版(現マガジンハウス)勤務をへて文筆生活にはいる。自己の内面を追求する「内向の世代」の作家のひとりといわれる。昭和52年「夢かたり」で平林たい子文学賞。現代小説の方法的模索を執拗につづけ,56年「吉野大夫」で谷崎潤一郎賞,平成2年「首塚の上のアドバルーン」で芸術選奨。平成元年近畿大教授。平成11年8月2日死去。67歳。早大卒。本名は明正(あきまさ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後藤明生
ごとうめいせい
(1932―1999)

小説家。本名明正(あきまさ)。朝鮮生まれ。終戦(第二次世界大戦)の冬、祖母と父を失い、翌年福岡県に引き揚げた。早稲田(わせだ)大学露文科在学中、全国学生小説コンクールに『赤と黒の記憶』(1955)が入選し『文芸』に掲載。卒業後、博報堂を経て平凡出版(現マガジンハウス)に勤め、『関係』(1962)、『人間の病気』(1967)などによって認められた。1968年(昭和43)同社を辞し、文筆活動に専念。日常生活のなかでの他者との関係や、自己の内面を描き、「内向の世代」ともよばれる。作品集『何?』(1970)、現在から過去の記憶へと脱線し続ける思考をユーモアの漂う饒舌(じょうぜつ)体で描いた長編『挟み撃ち』(1973)、エッセイ集『円と楕円(だえん)の世界』(1972)、紀行『ロシアの旅』(1973)、新手法による実験の集大成ともいえる長編『壁の中』(1986)などがある。また『夢かたり』(1976)で平林たい子文学賞、『吉野大夫』(1981)で谷崎潤一郎賞、1987年(昭和62)の食道癌(がん)による手術後、『首塚の上のアドバルーン』(1990)で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。89年(平成1)より近畿大学教授を務め後進の育成にあたった。[柳沢孝子]
『『新鋭作家叢書 後藤明生集』(1972・河出書房新社) ▽『壁の中』(1986・中央公論社) ▽『挟み撃ち』(講談社文芸文庫) ▽『夢かたり』『吉野大夫』(中公文庫) ▽『首塚の上のアドバルーン』(講談社文芸文庫) ▽蓮実重彦著『文学批判序説――小説論=批評論』(1995・河出書房新社) ▽古屋健三著『「内向の世代」論』(1998・慶応義塾大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

後藤明生の関連キーワード早稲田文学第三の新人小田切秀雄蓮實重彦阿部和重島田雅彦戦後文学ゴーゴリカフカ関係後藤

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後藤明生の関連情報