コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吊秤 つりばかりsuspension scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吊秤
つりばかり
suspension scale

機構全体を吊下げた状態で使用する秤量は 10kg~300tぐらいで,各種ある。秤量 200kg以下の小型のものは小荷物などの計量に,それ以上の大型のものはおもに各種クレーンのフックに吊下げ,荷揚げなど運搬の途中で,貨物などの計量を行うのに用いる。小型のものはばね式が多いが,大型のものには,ばね式,てこ式,圧力式などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android